沿革


大正14年 紅茶等食料品卸売業「須藤信治商店」 創業 三井物産株式会社の神戸地区の有力特約店となる
昭和30年 「株式会社須藤信治商店」と改組、本社を神戸市生田区に置く
昭和32年 英国・リプトン社の指定工場となり、紅茶の製造を始める
昭和34年 神戸市葺合区に本社工場を新築移転し、 インスタントコーヒーの製造に着手する
昭和36年 日本で最初のティーバッグ自動包装機械「コンスタンタマシン」を ドイツから導入する。国内で初めてティーバッグの製造を始める
昭和41年 神戸市東部第二工区に2階建工場を建設する
昭和42年 同地に事務所棟と倉庫を増築し、本社を移転の上、 称号を「株式会社須藤」と改称する
昭和45年 さらに同地に4階建工場を増築する。 ティーバッグ自動包装機「コンスタンタマシン」を増設、20台になる
昭和47年 神戸市東部第四工区の卸売商業団地に4階建の配送センターを 新築する
昭和49年 神戸市東部第四工区の食品コンビナートに深江工場を新築する
昭和50年 資本金を48,300,000円に増資する
昭和58年 神戸市東部第四工区の配送センターを本社へ隣接し新築移転する
平成5年 100%子会社、神戸紅茶株式会社より「神戸紅茶」ブランドで 紅茶製品の販売を始める
平成7年 阪神大震災にて土地建物に多大な被害を受ける
平成8年 食品卸売部門を閉鎖、国内有数規模の紅茶製造会社として OEM紅茶を主にティーバッグ等の製造加工に特化する
平成18年 株式会社須藤が子会社の神戸紅茶株式会社を吸収合併し、 新会社名を神戸紅茶株式会社と変更する
平成21年 資本金を10,000,000円に減資
平成23年 資本金を20,000,000円に増資
  • 右から二代目社長
    中央初代社長

  • 昭和34年
    株式会社須藤信治商店

  • 昭和36年日本で最初に
    ティーバッグ自動包装機械
    「コンスタンタマシン」を導入

  • 昭和41年
    神戸市東部第二工区に
    2階建工場を建設する


会社情報


ビジネス・卸売