日本協会認定
ティーインストラクター様専用紅茶の販売

当社では、日本紅茶認定ティーインストラクター様専用の500g詰紅茶の販売を行っております。

日本で初めてコンスタンタマシンを導入したのは神戸紅茶です。

神戸紅茶は、昭和36年にドイツ製のティーバッグ製造機械「コンスタンタマシン」を導入しました。これは日本で初めてのことでした。 それまで神戸紅茶では、一つ一つ手作業でティーバッグを作っていましたが、コンスタンタマシンの導入で1分間に150袋を生産することができ、 飛躍的に効率が上がりました。精密でメンテナンスの難しい機械ですが、部品交換することにより最適の状態を維持できるため、当時のマシンは今も現役で稼動しています。
今、たくさんの人に紅茶が愛飲されているのも、マシンの登場が大きくかかわっているといえるでしょう。

ご注文を希望されるインストラクター様は、お電話にて注文用紙をご請求下さい


紅茶販売


紅茶販売