ピロー型ティーバッグ

ピロー型ティーバッグの特長

ピロー型ティーバッグは、主に業務用として利用されています。三方シールをしたフィルターペーパーに、5g~25gの内容量の茶葉を充填することが出来ます。

通常のティーバッグよりも大きくて茶葉の内容量が増やせるため、一度に大量の紅茶を淹れることが出来ます。

フィルターの包材には、酸素漂白紙、無漂白紙、生分解紙などがあります。

ピロー型ティーバッグの製造装置

ピロー包装機
三方シールの分包タイプで、幅80mm~100mmのサイズ範囲に対応します。包装材質はアルミ、紙、ポリなどで、充填量により長さを変更することができます。

  • ピロー型ティーバッグの製造工程

    製造工程1

    ブレンドした茶葉を投入します。茶葉の内容量は5~25グラムで選択できます。

  • ティーバッグの製造工程

    製造工程2

    ロール状のフィルターペーパーを二つに折ったものの、上下と側面をシールします。フィルターの包材は、酸素漂白紙、無漂白紙、生分解紙などがあります。

  • ティーバッグの製造工程

    製造工程3

    設定した幅にフィルターペーパーを切断します。


production item



ビジネス・卸売


ビジネス・卸売